FC2ブログ
カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

なむ

Author:なむ
ご意見ご感想など、お気軽に
コメントお願いします!
リンクはご自由に♪

カウンター

ユニークアクセス
トータルアクセス

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Information

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキングに登録中

人気blogランキング
♪1クリックで、I♥U♪
fc2blogランキング


http://astronauts.blog28.fc2.com/



ブログトップ イラストカテゴリー RSS メール ウェブサイト ツイッター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年宇宙の旅。
今回は好きなモノでも語りますか。


*この画像は特に意味はありませんゾ*

もはや、新世紀とか近未来とかいう言葉は死語となっていそうな2006年。
それでも未来を感じさせてくれる過去の作品が好きです。

なかでも「2001年宇宙の旅」(監督:スタンリー・キューブリック)は
配色や造形など、今の作品とは比較にならないぐらい素晴らしいです。
問題は話がわかりづらいことですかね??

・・・ということで、内容の理解を深めるためにも
2001年から5年も経った今、小説版を読んでみました。


ま、なぜ今かというのはブックオフの100円コーナーに
・・・タイミングです。

わからない人のために映画のあらすじを・・・


月面で人類が住むようになった現代、月で発掘した謎の物体「モノリス」は強力な信号を木星に向けて発した。
18ヶ月後、宇宙船ディスカバリー号は木星探査の途上にあった。乗組員はデイビッド・ボーマン船長ら5名の人間(うち3名は人工冬眠中)と、最高の人工知能HAL(ハル)9000型コンピュータ。
順調に進んでいた飛行の途上、HALはボーマン船長に、今回の探査計画に疑問がある事を打ち明ける。


と言う風なSFの金字塔とも言える作品。
話の主軸は乗組員VS狂った人工知能HALとの戦いです。



この話のどこがわかりづらいのか、ということですが
上映時間139分中会話のシーンが計40分程度しかないのですよ。
説明のシーンをおもいっきり排除したらしいです。これぞキューブリック。

時間をおいてから見ると新たな発見があるかと、年1~2回は観るのですが
終わりかたがいまいち理解しきれませんでした。
宇宙空間に居たはずが、いきなりルイ王朝風の白い部屋に居たり・・・
どうも、わからんちん。


・・・そんな感じで脚本家アーサー・C・クラークの小説版を読みますた。

結局はそれもひとつの解釈なのですが、導入部や世界観などがきっちり説明されているため解りやすいです。面白かったですし。

ひとつ気になったのが、日本語に訳された文字だったということ。

主要の登場人物のデイビットとフランクとHALの声が
 デイビッド・ボーマン船長:ソリッド・スネーク(本名:デイビット)
 フランク・プール副船長:グレイ・フォックス(本名:フランク・イェーガー)
 HAL9000:オタコン(本名:ハル・エメリッヒ)
・・・のメタルギアの声優さんに脳内で変換されてしまった事です。
(メタルギアでも「木星に行けそうなコンビだな」というセリフもありますし)


何か内容も無いのに長くなってしまいましたね。

映画ベスト10みたいなものの常連らしいですし
気になる方は一度観ておいても良いかも。
ただし、体調が万全の状態で観ないと確実に寝てしまいます

そんなダルい映画ですが、僕は好きなのです。
この記事に対するコメント
実験室とキューブリック。
はじめまして、いぬようびさまのサイトから飛ばせていただきました、デジアジといいます。

2001年、懐かしいですね。今高三の私ですが始めて見たのは小4の時。高二で見直しましたが未だに分からない部分が多いです。最後の部屋のシーンは・・・一体。
キューブリックはどれも映像が新しいですよね。
作品にそれぞれ違った趣向が凝らされている気がします。

映像的に新しいと思う映画も少なくなってきた気がします。昔の手法はやりつくされた、とはいってもCGばかりに頼る映像に見る側も飽きてきた気がします。

directors labelというシリーズの「ジョナサン・グレイザー」という監督は、一本一本のビデオクリップをキューブリックに捧げているのかと思うくらいのオマージュで、スタイリッシュな印象をうけました。本人も大のキューブリックファンらしいです。
もし機会がおありでしたら・・・お勧めです。
【2006/07/04 12:32】 URL | デジアジ #K2.3.RNw [ 編集]

>デジアジ さま
コメントが遅くなってスミマセンでした(^。^;)

2001年~は僕も初めてみたとき最後のシーンが全く解らず、衝撃的でした。
でも、(キューブリック全体に言える事ですが)見た後に心に残っているシーンが多く
虜となりましたねぇ~♪

「ジョナサン・グレイザー」も機会があったらチェックしたいです!!
【2006/07/07 11:26】 URL | なむ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://astronauts.blog28.fc2.com/tb.php/222-d7766d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。